結婚準備マニュアル



結婚準備の費用

 

 

お互いの両親に結婚の承諾をもらったら、結婚の準備が始まります。

 

結婚準備で最初に行われる行事として結納があります。結納は、両家が親族となり結びつくことを祝って、男性から女性宅へ贈り物を納める日本の伝統的な儀式です。

 

結納は仲人を立てて行うのが一般的でしたが、最近では、仲人を立てずに両家だけで行う略式結納やホテルなどの結納プランなどで簡単に済ませてしまう場合が多いようです。

 

結納の平均的な費用は、12~14万円程度で、年々低下傾向にあるようです。結納費用とは別に男性側から贈る結納金の相場は、月収の2~3倍程度と言われており、100万円前後の結納金が用意されることが多いようです。

 

また、結納金をもらった女性側からは、結納返しを送るのが一般的です。費用の相場は、結納金の半分から1/3程度となっています。最近では、現金ではなく財布や時計などの記念品などにして返されることが多くなっています。

 

結納が無事に終わると、結婚式の準備を行いますが、形式によって費用は異なります。招待客100人で見積もった場合、ホテルウエディングで400万円、ハウスウエディングで450万円、レストランウエディングで300万円が平均的な相場となっています。結婚式の会場や招待客の人数によって大きく異なる費用ですが、総額平均で318万円程度をなっています。

 

結婚するには多くの費用がかかるため、結婚資金貯金をしておくことも大事な結婚の準備です。